Provence Styleプロヴァンス・スタイル

地中海を見下ろす、夏は暑く乾燥した地方の風土に培われた
プロヴァンス・スタイル

地中海を見下ろす、夏は暑く乾燥した南仏プロヴァンス地方の風土に培われたスタイル。
17世紀初めにカナダに入植したフランス人によって築かれた街には、いまも18~19世紀のフランス様式の建物が多く残っています。

このスタイルの特徴は、玄関ドアにプロヴァンス・ドアと呼ばれる無垢材を使用し、古木を思わせるよろい戸や窓台、風合いのあるアイアンの花台や窓手摺りを花と緑で装飾します。屋根の形状は緩勾配の切妻屋根に下屋を組み合わせたシンプルで美しいデザイン。窓には海風を防ぐ伝統的なルーバータイプのヴォレー(雨戸)を取り付けます。

「プロヴァンス風」とは曲線をモチーフとした南欧風住宅。
フランスの田舎風の雰囲気で、壁が漆喰であったり、床がテラコッタになっているのが特徴的です。

湿式の塗り壁で仕上げるので、曲線のデザインが綺麗に表現できます。

地中海の厳しい暑さに対応する為、薄い色を基調とするのがプロヴァンススタイルの特徴です。

ローとアイアン製のフラワーボックスが素朴さと可愛らしさを演出しています。

中庭でゆっくりとティータイム。
優雅な時間が流れます。

天井の木の梁やキッチンの木製扉などが、素朴な温かさを演出しています。
自然素材と組み合わせるコーディネートがプロヴァンススタイルの基本です。

Pamphlet資料請求&お問い合わせパンフレットイメージ

お電話でのお問い合わせ
TEL011-879-2234