Queen Ann Styleクイーンアン・スタイル

18世紀前期のアン女王の時代にイギリスで生まれた
クイーンアン・スタイル

アン女王時代(1702~1714年)のイギリスの建築様式のことで、オランダやフランスの影響を受けたのち、イギリス様式を踏襲しながらも装飾を強調することによって、伝統様式がわかりやすく再現されました。

このスタイルの特徴は、外観が左右非対称なデザインで、屋根の形状は教会建築のように十字を切り、鐘楼のような八角形の塔や、家の周囲を取り囲む連続したカバードポーチが設けられています。窓には上下に開放できるダブルハング・ウィンドウが主に使用され、窓周囲に額縁が廻されています。

八角形の塔屋部分を「アン」といいます。
「アン」の屋根の勾配や横幅によっても建物全体の表情に変化を与えます。

リビングやダイニングは多面採光により一層明るい空間になります。
寝室のようなプライベートスペースに塔屋を設計するケースもあります。

Pamphlet資料請求&お問い合わせパンフレットイメージ

お電話でのお問い合わせ
TEL011-879-2234