遮音性

真の安らぎは静寂から生まれる。静けさを日々愉しめる住まい。

外からの騒音、家の中の生活音など、音の問題を建材、構造、設備、技術でコントロール。
遮音性にこだわることで、家族ひとりひとりが心から安らげる環境を実現します。

建材や構造が優れた遮音性を発揮 音に煩わされることなく暮らせる安らぎの住まい

鉄などに比べて音の伝搬係数が低い木を使い、ツーバイシックス工法ならではの隙間のない構造となっていることなどから、《カナディアンツーバイ》は音を大幅に抑える性能を有しているのが特徴です。また、壁そのものが外壁材や断熱材、構造用面材といったさまざまな素材によって形成される多重構造となっているため、様々なタイプの音を防ぎ、室外の音に煩わされずに日々を過ごせるというメリットもあります。

吸音性にも優れたグラスウールを使用石膏ボードとの併用で、高い吸音性・遮音性を実現

《カナディアンツーバイ》の壁や天井には、断熱材としてグラスウールが使用されています。このグラスウールは、断熱性のみならず吸音性にも優れているのが特徴で、中高音域の遮音性能が約10~15デシベル改善されると言われています。このグラスウールを石膏ボードなどと併用することで、さらに優れた吸音性・遮音性を実現しています。

遮音金物や断熱材、二重貼りの石膏ボードなど、さまざまな工夫で上下階の音ストレスを軽減

《カナディアンツーバイ》では、1階天井に二重貼りした石膏ボードと分厚い断熱材を設置し、さらにサウンド・リジリエント・チャネルズというS字型遮音金物を固定しています。空気の層を設けることで振動や音を拡散させる効果があるサウンド・リジリエント・チャネルズと、吸音性を高める効果がある90mmの断熱材、これらの相乗効果が《カナディアンツーバイ》の高い遮音性を支えています。

分厚い壁や外壁材、高性能な窓などの採用により、飛び抜けた遮音性を発揮

《カナディアンツーバイ》は、分厚い壁と外壁材、そして単板ガラスの約2倍以上の遮音性を誇る複層ガラス・PVCサッシなどの採用により、飛び抜けた遮音性を発揮します。外の騒音は、住宅地では40~75デシベル、市街地では60~85デシベル。一般的に望ましい騒音レベルは30~40デシベルといわれていますが、Low-E加工複層ガラスサッシの場合は、約27デシベル以上の遮音効果があるため、室内や外の音を気にせず快適な毎日を過ごすことが可能です。

Pamphlet資料請求&お問い合わせパンフレットイメージ

お電話でのお問い合わせ
TEL011-879-2234